• 矯正歯科コラム
    歯列矯正の期間は矯正方法によってこんなに違う!
    2018-03-22
  • 矯正歯科コラム
    矯正の治療費が抑えられる⁉条件を満たして保険を活用しよう
    2018-04-09
  • 矯正歯科コラム
    インプラント矯正とは?メリット・デメリットを知って顔の印象を変えよう
    2018-06-22
  • おすすめの矯正方法
    まだ間に合うブライダル矯正!最高の笑顔で結婚式を迎える方法
    2018-03-22
  • 矯正治療の種類
    最新の矯正治療・インビザラインの特徴とメリット・デメリット
    2018-03-22
  • 矯正歯科コラム
    歯科矯正はやっぱり痛い?原因と対処方法を紹介!
    2018-03-22
  • 矯正治療の種類
    目立たない矯正・インコグニートの気になるメリットやデメリット
    2018-03-22
  • 矯正歯科コラム
    歯列矯正の失敗には原因がある!失敗例から学ぶ後悔しない治療を受けるための注意点
    2018-04-09
  • 名古屋の矯正歯科医院紹介
    矯正するならココ!ルーセント歯科をおすすめする理由と口コミの評判
    2018-03-22
  • 矯正歯科コラム
    歯科矯正の値段はいくら?初期費用から治療後の費用まで解説
    2018-03-22
歯列矯正の種類とは?矯正治療のメリット・デメリットと費用の目安

歯の見た目と健康を改善してくれる方法が歯列矯正です。歯への関心が高まっている現代では、子供から大人まで治療できるように、さまざまな種類の方法が開発されています。ここでは歯並びを改善したい方のために、歯列矯正の方法を種類ごとに分け、費用や期間の目安をご紹介します。

種類1.金属ブラケット

ブラケットとは歯の表面に取りつ付ける装置で、歯列矯正の方法の中でも代表的な方法です。その中でも特によく使用されているのが、この金属ブラケットという種類です。

金属ブラケットの特徴

ブラケットを使った矯正は、歯の表面に取りつ付ける板状のブラケットと、それを締めつ付けるワイヤーを組み合わせることが特徴です。そのためブラケットを使った種類の矯正は、ブラケット矯正やワイヤー矯正と呼ばれています。金属製のブラケットを使った矯正は、歯列矯正の中でも歴史が長く、細かな調整がつけられることと、金属なので目立ちやすいことが特徴です。

矯正期間

金属ブラケットは丈夫で歯を動かす力も強いため、矯正に必要な期間が短めです。早ければ2年ほどで、長ければ3年ほどの時間で矯正できます。

費用相場

金属ブラケットの費用相場は、おおよそ80万円前後が相場とされています。しかし、歯列矯正は基本的に自由診療であるため、歯医者さんによって費用が大きく異なります。これは他の種類の矯正装置でも共通することなので覚えておきましょう。

金属ブラケットのメリット・デメリット

金属ブラケットのメリットは、細かな調整が必要となる複雑な症例でも対応できることです。全体的に歯を動かす必要がある場合に活躍します。また、他の種類の矯正装置に比べると費用が安価なこともメリットです。しかし、銀色の金属なので目立ちやすく、装置の間に食べ物が詰まりやすいというデメリットがあります。

種類2.審美ブラケット

審美ブラケットは、金属ブラケットよりも目立ちにくい素材を使用したブラケットの一種類です。金属ブラケットに代わり、歯列矯正でよく使用されるようになってきています。

審美ブラケットの特徴

審美ブラケットに使用されている素材は、歯の色に近いセラミックや透明なプラスチックなどです。ブラケットだけではなく、ワイヤーも目立ちにくい素材を使用しているため、金属ブラケットと比べてかなり目立ちにくい種類の装置です。

矯正期間

審美ブラケットは金属ブラケットと同じ種類の装置なので、矯正期間も金属ブラケットと同じく2~3年ほどです。

費用相場

審美ブラケットの費用相場は、金属ブラケットと比べると少し高めです。おおよそ90万円が相場の費用となっています。

審美ブラケットのメリット・デメリット

審美ブラケットのメリットは、金属を使用していないため目立ちにくいことと、金属アレルギーがある方でも使用できることです。デメリットは、金属ブラケットと比べると費用が高いことと、素材によっては少し耐久度が下がることです。

種類3.裏側矯正

裏側矯正もブラケット矯正の種類の一つですが、歯の表側ではなく裏側に取りつ付ける装置です。舌にあたる位置に取りつけるため、舌側矯正と呼ばれることもあります。

裏側矯正の特徴

裏側矯正の特徴は、歯の裏側に取りつけるため、外側から見えないことです。その代わり、表側矯正に比べて特殊な技術と経験が必要となります。

矯正期間

裏側矯正の矯正期間は、表側に取りつけるブラケット矯正とほぼ同じです。しかし、表側矯正と比べると技術や経験が必要となる種類の装置なので、長めに見積もって3年ほどが目安になっています。

費用相場

裏側矯正の費用相場は、表側矯正と比べて高く、約1.5倍が平均的な費用となっています。そのため、裏側矯正の費用相場は120万円ほどがです。

裏側矯正のメリット・デメリット

裏側矯正のメリットは矯正方法の種類の中で、最も目立たないことです。また歯の裏側はエナメル質が厚いという特徴があります。そのため、表側に取りつけるブラケット矯正よりも歯の清潔を保ちやすく、虫歯になりづらいこともメリットです。デメリットは、他の表側矯正と比べると費用が高いことと、慣れるまで舌にあたりやすいことです。

種類4.マウスピース矯正

マウスピース矯正は、透明なマウスピースを歯に被せる矯正方法です。

マウスピース矯正の特徴

マウスピース矯正は透明で薄型のマウスピースを使用するため、目立ちにくく、違和感が少ないことが特徴です。また歯に固定するブラケット矯正と違い、自分で取り外しができます。ブラケットと比べると対応できる症例が少ないため、比較的に症状が軽い歯並びに使用されることが多い装置です。

矯正期間

マウスピース矯正は、症状が軽い歯並びの矯正に使われることが多いため、治療期間も短いことが多く、長くても2年ほどです。

費用相場

マウスピース矯正の費用相場は、80万円ほどです。症状が軽い場合、上下どちらかだけに被せることもあり、その場合は半額の40万円ほどが相場となっています。

マウスピース矯正のメリット・デメリット

マウスピース矯正のメリットは、目立ちにくいこと、違和感が少ないこと、そして取り外しができることです。虫歯治療や歯のホワイトニングと並行して装着することができ、食事や歯磨きで邪魔になりません。デメリットは、大きく乱れた歯並びには対応しづらいことです。

種類5.部分矯正

部分矯正は、これまでご紹介してきた他の種類の矯正方法とは違って、前歯など一部の歯を矯正する方法です。

部分矯正の特徴

部分矯正では、一部分だけを矯正するため、費用が安価で期間も短いことが特徴です。部分矯正では特定の矯正装置ではなく、ブラケット装置やマウスピース矯正など、いくつかの種類の矯正装置の中から選んで使用します。

矯正期間

部分矯正の矯正期間は、比較的に動かしやすい前歯だけを移動させるため、早ければ数か月、長くても1年ほどです。

費用相場

部分矯正の費用相場は、使用する装置によって違います。おおよそ15万円以上が目安ですが、全体的な矯正装置を使う必要がある場合は、80万円ほどです。

部分矯正のメリット・デメリット

部分矯正のメリットは動かす歯が少ないため、費用が安いこと、矯正期間も短いこと、痛みが少ないことです。デメリットは、重度の症状の場合は対応できないことと、上下の嚙み合わせの改善はしづらいことです。

自分に合った矯正で歯並びを治そう

歯列矯正は、自分に合った条件の種類を選ぶことが大切です。さらに装置のメーカーの違いや、歯医者さんの技術によって費用や期間も異なります。自分に合いそうな矯正方法を選び、実際に専門の歯医者さんで相談して、一番良い条件で歯並びを矯正してもらいましょう。

失敗しないために!口コミで分かる評判がいい名古屋のおすすめ矯正歯科TOP5
2018.7.30
矯正歯科を選ぶ際に皆さんはどのような条件で選びますか?「診療時間」、「アクセスのしやすさ」、「丁寧な対応」、「治療方法や費用」など様々な要件があると思いますが、それらはホームページで知ることができます。しかし、スタッフの対応や院内の雰囲気までは分かりません。そこで、今回は治療を受けた患者の口コミなど...
関連キーワード
矯正歯科コラムの関連記事
  • 親知らず抜歯後に気をつけたい食事のトラブルとオススメメニュー
  • あなたの噛み合わせは大丈夫?歯列矯正が必要な状態の見極め方
  • マウスピース矯正で歯並び改善!治療の効果とメリット・デメリット
  • インプラント矯正とは?メリット・デメリットを知って顔の印象を変えよう
  • 矯正時に親知らずは抜くべき?気になる親知らずの治療
  • 八重歯を放置するのは危険!?矯正の必要性とするメリットと治療の種類を知ろう
おすすめの記事