• おすすめの矯正方法
    まだ間に合うブライダル矯正!最高の笑顔で結婚式を迎える方法
    2018-03-22
  • 矯正歯科コラム
    歯科矯正の値段はいくら?初期費用から治療後の費用まで解説
    2018-03-22
  • 矯正歯科コラム
    矯正の治療費が抑えられる⁉条件を満たして保険を活用しよう
    2018-04-09
  • 矯正歯科コラム
    歯科矯正はやっぱり痛い?原因と対処方法を紹介!
    2018-03-22
  • 名古屋の矯正歯科医院紹介
    矯正するならココ!ルーセント歯科をおすすめする理由と口コミの評判
    2018-03-22
  • 矯正歯科コラム
    インプラント矯正とは?メリット・デメリットを知って顔の印象を変えよう
    2018-06-22
  • 矯正歯科コラム
    歯列矯正の期間は矯正方法によってこんなに違う!
    2018-03-22
  • 矯正治療の種類
    最新の矯正治療・インビザラインの特徴とメリット・デメリット
    2018-03-22
  • 矯正歯科コラム
    歯列矯正の失敗には原因がある!失敗例から学ぶ後悔しない治療を受けるための注意点
    2018-04-09
  • 矯正治療の種類
    目立たない矯正・インコグニートの気になるメリットやデメリット
    2018-03-22
目立たず矯正ができる!?マウスピース矯正のメリットとデメリット

歯並びが悪いと笑うときに大きく口を開けられない、噛み合わせが悪くて顎が痛くなるなど様々な悩みが発生します。しかし、歯列矯正を行った場合、取り付けた金具が目立つからやりたくなりという理由で放っておく人も少なくはありません。そこで、目立たずに歯並びを矯正できる「マウスピース矯正」の特徴とメリット・デメリットを紹介します。マウスピース矯正が自分に適した矯正方法かメリットをみながら考えてみましょう。

マウスピース矯正とは?

マウスピース矯正とは、患者それぞれの歯並びに合わせて透明なプラスチック製のマウスピースを作成し、それを1日中はめて徐々に矯正していく方法です。昔はブラケット矯正を行った後の仕上げに使用されていたものですが、改良が進み複雑な症例の修正も行うことができるようになったため、近年ではマウスピースのみで矯正を行う歯科医院も増え始めています。

歯並び矯正の種類

目立たない治療方法としてマウスピース矯正は魅力的です。しかし、歯並びを矯正する治療方法はマウスピース矯正以外にもあり、それぞれに特徴や得意分野があります。いろいろな方法を確認してみましょう。

■ブラケット矯正
よく行われている矯正方法です。ひとつひとつの歯にブラケットとい器具を装着して歯並びを強制的に治します。効果が高くブラケット1つひとつを調整することで細かく歯の並びを動かすことができるので、現在も多くの歯科医院で活用している手法です。しかし、歯の表面にブラケットを装着するのでとても目立ってしまうことが嫌な人もいます。

■裏側ブラケット矯正
舌側矯正は歯の裏側に金具を装着して矯正するため、目立つことなく矯正することが可能です。また、ブラケット同様微調整を行えるので難しい症例でも対応できます。しかし、歯の裏側に付けた金具に違和感があったり、歯磨きがしにくくなったりと注意する点があります。

■部分矯正
部分矯正はその名の通り歯並び全体を修正するのではく、気になる箇所のみを矯正することができるやり方です。そのため時間と費用を節約することができます。しかし、全体的に修正するわけではないので、細かいズレなどが出てくる可能性があります。

■マウスピース矯正
マウスピース矯正は、まず歯科医院で専用のマウスピースを作成してもらいます。そのマウスピースを医師の指示に従って装着しておきます。そうすることで、だんだんと歯並びがマウスピースに沿って移動していき綺麗な歯並びを作ることができます。また、取り外しが可能なので食事や歯磨きもいつも通り行うことができます。

マウスピース矯正のメリットとデメリット

他の治療方法との違いやそれぞれの特徴を把握できたら、次はマウスピース矯正が持つメリットとデメリットについて確認していきましょう。

マウスピース矯正のメリット

●素材が透明なので目立たない
矯正治療に対するイメージは、笑ったときにブラケットが目立つなど悪いイメージを持っていると思いますが、マウスピース矯正は薄く透明の素材を使用しているため、目立つことなく矯正を行うことができます。

●自分で取り外しが可能
マウスピース型は自分の意志で取り外しが可能なので、ご飯を食べるときや歯磨きをする際に邪魔になることがありません。そのため、歯磨きをする際のやりにくさがなくなりストレスもカットすることができます。

●金属を使用していない
基本的にブラケット矯正などは金具を使用しているので、金属アレルギーなどを持っている場合は施術することができません。しかし、マウスピースは金属を使用していないため金属を口内に入れることに不安がある人にオススメします。

●他の治療も同時に受けられる
取り外しが可能なマウスピース治療なら、虫歯治療やその他の口腔内に関する治療も同時進行で受けることができます。しかし、治療を受ける際はしっかりと矯正治療中ということは伝えるようにしましょう。

●口腔内を傷つける心配がない
マウスピースは医療用のプラスチックを素材として使用しているため、装着時に口の中が傷ついたりする心配はありません。

マウスピース矯正のデメリット

●しっかり着用しないと効果が薄くなる
マウスピースは自身で装着したり外したりする必要があります。その際にしっかりと医師の指示に従った正しい付け方をしないとあまり効果が得られない可能性があるため、装着の際は気を付けるようにしましょう。

●大きく動かさないといけない歯並びには向いていない
酷くゆがんだ歯並びや、歯がねじれていて大きく歯を動かさないといけない場合、マウスピースはあまり効果を発揮することができません。なぜなら、マウスピース矯正は歯に加える力が弱いため、複雑すぎる歯並びには適していないのです。

●歯ぎしりなどで割れる恐れがある
1日20時間以上、装着しないといけないマウスピースはもちろん寝ている間も装着したままにします。しかし、歯ぎしりが酷い人などはマウスピースに負荷がかかってしまい割れてしまう恐れがあるので気をつけましょう。

マウスピース矯正が向いている人

マウスピース矯正のメリットやデメリットをみてみましたが、実際どのような人がマウスピース矯正のメリットに惹かれて施術を行っているのでしょうか。

■人前に出る仕事をしている人
人前に出る仕事をしている場合、歯並びを綺麗にするために歯並び矯正を行いますが、ブラケットやワイヤーなどを使用した矯正方法だと目立ってしまいます。そのため、あまり目立たないマウスピース矯正を選ぶ人が多いです。

■格闘選手やスポーツマン
激しく動くスポーツや、顔などに衝撃を受けるボクシングや格闘技の場合は口の中に金具をつける方法だとケガにつながる恐れがあります。そのため、取り外しが自由なマウスピース矯正が適しています。

■楽器演奏者
楽器を演奏する際に顔全体を使う必要がある人はマウスピース矯正が向いています。楽器演奏中に口の中の金具で口内が傷ついたり、楽器を傷つけたりしないためにも取り外しができる方が便利です。

■小さい子供
マウスピース矯正は大きな移動が必要な矯正には向いていませんが、子供の場合は顎の発達が途中のため矯正の難易度が低く、マウスピースで修正できる範囲が広くなり、大きな効果も期待できます。また、マウスピースを装着するだけの治療なので子供への負担も小さくすみます。

どのような人がマウスピース矯正に向いているのかをみてみたら、マウスピース矯正のメリットは様々な人が抱えていた、歯並び矯正を行う際の悩みを解決していることが分かりました。自分自身の悩みもマウスピース矯正が持つメリットで解決できるか重ねて考えてみましょう。

自分自信の負担が少ない方法で矯正しよう

歯並びを治したいと思っていても、矯正をすると目立つから実行できるタイミングがなかったり、施術する勇気が出なかったりした人は多いと思います。しかし、歯並びは自力で治すことは難しく自然と治るものではありません。そのため、自分の環境や状況にあった方法をみつける必要があります。
マウスピース矯正は、それぞれの人の環境や状況にあわせやすいという特徴を持っています。自分にあう歯並び矯正治療法を探している人は、一度無料カウンセリングを行っている歯科医院などに足を運んで相談することをオススメします。

失敗しないために!口コミで分かる評判がいい名古屋のおすすめ矯正歯科TOP5
2018.7.30
矯正歯科を選ぶ際に皆さんはどのような条件で選びますか?「診療時間」、「アクセスのしやすさ」、「丁寧な対応」、「治療方法や費用」など様々な要件があると思いますが、それらはホームページで知ることができます。しかし、スタッフの対応や院内の雰囲気までは分かりません。そこで、今回は治療を受けた患者の口コミなど...
関連キーワード
矯正歯科コラムの関連記事
  • 親知らず抜歯後に気をつけたい食事のトラブルとオススメメニュー
  • あなたの噛み合わせは大丈夫?歯列矯正が必要な状態の見極め方
  • マウスピース矯正で歯並び改善!治療の効果とメリット・デメリット
  • インプラント矯正とは?メリット・デメリットを知って顔の印象を変えよう
  • 矯正時に親知らずは抜くべき?気になる親知らずの治療
  • 八重歯を放置するのは危険!?矯正の必要性とするメリットと治療の種類を知ろう
おすすめの記事